- PR -

- PR -

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

- PR -

せきぜん息

2015年12月17日 (木)

せきぜん息に効く吸引薬 "ベントリン"

今朝のNHK あさイチでは、せきぜん息の特集がありました。

登場した主婦は慢性的なせきぜん息を持っているようで、
吸引型のぜん息薬である"シムビコート"を使用していました。

そして驚いたのが、キャスターの柳澤さんを始め、
ゲストの福田彩乃さんや、水道橋博士さんまでが過去にぜん息を患い、
吸引型のぜん息薬を使用していたと言うではありませんか!


かく言う私も、今年の春先は2~3ヶ月の間、止まらないせきぜん息に
悩まされていました。

最初は市販の咳止めで対処できたのが、次第に効かなくなり、
病院で処方されるムコダインも効かないため、
最終的にシムビコートを使用してなんとか落ち着きました。

(ぜん息が落ち着いたのと入れ替わるように、今度は慢性前立腺炎
が始まり現在に至っています。すでに半年経過)



シムビコートは医師の処方がないと入手できません。
ですからそれを手に入れるために内科へ通っていましたが、
ぜん息の吸引型薬剤にも、個人輸入で入手できるいいものを見つけました。

"ベントリン"です。


シムビコートはパウダー状だったのに対し、ベントリンは噴霧型で、
最初は慣れませんでしたがすぐに普通に使えるようになりました。

そしてこれも個人的かもしれませんが、私はベントリンの方が効果を感じます。
シムビコートは一日1~2回の使用が欠かせませんでしたが、
ベントリンは一回の使用で1~2日は効果が持続します。

あたたかくて調子がよければ、数日咳のことは忘れてしまうほどです。
あくまで私個人の場合ですが...。


ですから、いそがしくて中々病院に行けない方などにはお勧めです。

ベントリンは1本で200回分の使用が可能。
値段は1本2000円以下です。

ここで私にとっての神薬をご紹介。


歯痛 - バファリンA
数ある鎮痛剤の中でも歯痛にはバファリンがよく効きます。
スタンダードなバファリンAです。


せきぜん息 - ベントリン、シムビコート
止まらないぜん息には吸引型の薬剤です。
即効で効果があります。
特にベントリンは絶対的です。


腰痛 - リリカ、グルコン
原因不明の慢性腰痛は神経からくることが多く、
神経性の痛みに効くのがリリカ(プレガバリン)です。
武田鉄矢さんのCMで紹介されているのはこれです。

グルコンは腰痛をはじめ関節痛全般に効きます。
似たような成分の他社の薬を試しましたが、
しっかり効いたのはグルコンでした。


慢性前立腺炎 - ザトラル、イブA、バファリンルナ
慢性前立腺炎はおそらく、前立腺そのものの炎症よりも、
周辺筋肉の緊張と考えた方が妥当のようで、
そのため発作が来たり、治まったりという、前立腺自体が原因では
考えられないような症状が起こります。

そこで周辺筋肉の緊張を和らげるのがα遮断薬であり、
その代表格がタムスロシン系のハルナールです。
さらにアルフゾシン系のザトラルにはハルナールを上回る
効果を感じています。

今朝、食後に発作が始まりましたが、今こうして落ち着いて
ブログを書けるのはザトラルのおかげです。

また、前立腺炎の痛みは女性の生理痛に近いものがあるようで、
(身体の痛みの部位から見ても)、生理痛に聴く薬が
そのまま前立腺炎にも効果があるとみてよさそうです。

イブプロフェンは生理痛をはじめとする下腹部の痛みに
効果があるようです。
バファリンルナもイブと同じく主成分はイブプロフェンです。

アセチルサリチル酸を主成分とするバファリンAが主軸の会社が、
あえてイブプロフェンを主成分とするルナを生理痛薬として
販売するのには、それなりの理由があると思います。

その理由こそが"イブプロフェン"なのです。

ちなみにバファリンプレミアムもイブプロフェンとアセトアミノフェンが
ルナと同じような分量で配合されているため、
両者は同じように慢性前立腺炎にも効果があると実感しています。

ただし、鎮痛剤に関しては人により、合うあわないが分かれるので、
あくまでこれらは私の場合ということでお願い致します。
ロキソニンこそが最強という方がいらしても、
もちろんそれも正解なのです。



以上、せきぜん息とその他に効くくすりのお話しでした。
くすりは自分に合うものを見つけるまでに多大な労力と
お金を要しますが、一度見つけてしまえば人生の救いと言っても
過言ではないほどの、本当にありがたいものです。

こうしたすばらしいくすりのある時代に生まれてよかったと思います。

本来はくすりに頼らず自己治癒力でなんとかしたいと誰もが思うでしょう。
けれど生活が複雑化する現代においてそれは困難であり、
だからこそいいくすりにめぐり会いたいと心底願うのです。

腰痛の根本治癒をめざして

  • ある日、私を襲った激しい腰痛。そこから腰痛との闘いと研究の日々が始まりました。現在は急速に持ち直し、また元の穏やかな日常を取り戻しつつあります。 そこでこのブログでは、強度の腰痛から帰還した管理人の体験を軸に、腰痛の根本原因と治癒方法を探っていきます。 私の体験が、少しでも多くの辛い思いをされている方々の助けや救いとなれば幸いです。
無料ブログはココログ