- PR -

- PR -

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

- PR -

骨盤矯正アシモくんダンス

2014年3月27日 (木)

なぜアシモくんは膝が曲がっているのか?

私がいつも通る道にロボットのASIMOくんの大きな看板が立っています。

元気にこちらを向いて手を振っていますが、よく見ると

人間のように直立ではなく、膝が若干折れ曲がっています。


なぜでしょう?


アシモくんに限らず、膝がまっすぐ伸びた人型ロボットって

あまり見かけない気がします。


おそらくロボット工学的に、また力学的に直立歩行の場合、

膝が少し曲がっていた方が理にかなっているのではないでしょうか?

その方がウェイトが膝にも分散されるからです。

膝がまっすぐだとウェイトがモロに、腰椎や股関節にかかることになります。


江戸時代の参勤交代の絵を見ると、みんな膝が曲がった中腰で、

手と足を同時に出す「なんば歩き」という歩き方をしています。

長い道中、あれが一番足腰に負担がかからないと知っていたのかもしれません。


ちなみに、江戸時代の医学書や文献には、「腰痛」という概念が

見当たらないそうです。

江戸時代には「腰痛」はなかったのかもしれません。


歩き方だけではなく、椅子がなく正座だったとか、和式のトイレは

足腰の強化になるとか色々な要因が考えられます。

基本的に足を使ってよく歩いていましたからね。

骨盤を支える筋力もしっかりしていたのだと思います。


…少し話が逸れましたが、とにかく、日常生活でなるべく膝を曲げた方が、

腰への負担も減り、楽になりますよというお話でした^^

2014年3月23日 (日)

骨盤矯正アシモくんダンス

やはり、骨盤のズレという問題も見逃せません。

私の場合、右の腰骨が左より高く、さらに右下にズレている感じがします。

多分、仙腸関節のズレがそうさせているのでしょう。


そしてそれに呼応するかのように、椎間板ヘルニアも右斜めうしろに出ているのです。


骨盤のゆがみが筋肉の過緊張を起こすことは想像に難くありません。

整体でボキッとやった瞬間に身体が軽くなるのはそういうことなのです。


そこで、骨盤のゆがみを矯正する簡単なエクササイズを^^


ロボットのアシモくんをご存知ですか?

あんな感じで膝を曲げてまっすぐ立ち、踵を揃え、肘を曲げて両脇に副えます。

そして左右の踵を交互に上げながら、腰を左右に振ります。

その時、上げた側の半身を前に回転させる(ねじる)イメージです。

お尻をすぼめ、下腹に力をいれながらやると一層効果的です。


このダンスはゆがんだ骨盤を治すばかりでなく、

鈍った下半身周りの筋肉を鍛える効果もあります。

このことで骨盤や腰椎を支える土台がしっかり固まります。

筋肉のコルセットです。


とにかく、お尻をすぼめるのは大事です。

アシモくんダンスが無理な時でも、お尻すぼめは続けてください。

一日の制限はありません^^


腰痛の根本治癒をめざして

  • ある日、私を襲った激しい腰痛。そこから腰痛との闘いと研究の日々が始まりました。現在は急速に持ち直し、また元の穏やかな日常を取り戻しつつあります。 そこでこのブログでは、強度の腰痛から帰還した管理人の体験を軸に、腰痛の根本原因と治癒方法を探っていきます。 私の体験が、少しでも多くの辛い思いをされている方々の助けや救いとなれば幸いです。
無料ブログはココログ