- PR -

- PR -

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

- PR -

お尻すぼめ運動

2014年3月14日 (金)

反り腰を防止するお尻すぼめ運動

腰痛の改善にはまず、腰椎の前弯が大事です。
腰椎の自然な前弯が常に保持できるなら、
ヘルニアの原因はなくなり、
腰痛は自然と軽減していくはずです。

しかし、腰椎の前弯を意識するあまりに、
骨盤まで前傾して、反り腰になってしまうと
それが新たな腰痛の原因になってしまいかねません。

骨盤は前傾でも後傾でもなく、
ニュートラルに立っているのが理想です。
しかし、私たちの骨盤周りの筋肉は鈍っているので
骨盤の立った状態を支えきれず、
多くは後傾、または前傾してしまうのです。
これを骨盤がオフの状態と言います。

対して、骨盤が正しく立った状態を、
骨盤がオンの状態と言います。

どうしたら骨盤がオンの状態を保てるのでしょうか?
それはお尻をギュッとすぼめることで実現します。
立ち上がってお尻をすぼめ、骨盤周りを触ってみてください。

しっかり締まって骨盤が立っているのがわかると思います。
そこで力を抜くと、すぐに慣れ親しんだ
骨盤オフの状態に戻ってしまいます。

仕方ないです。
それが何年にも渡って染みついてきたクセなのですから。

でも、本気で腰痛を治したいなら、
この良くないクセはすぐにやめなければなりません。
骨盤のオンはすべての土台です。
きれいに立った骨盤の上に、自然に前弯した腰椎が乗る…。
これが理想です。

お尻すぼめ運動で骨盤が立った状態というものを
体感として覚えつつ、骨盤を支えるお尻の筋肉を鍛え、
骨盤を包むコルセットのようにしてしまうのです。

立ち上がったらまず重心を踵の側に置き、
お尻をすぼめ、真上を向きます。
この時できれば下腹に力を入れるといいでしょう。

そしてゆっくりと顔を前に向けます。
これがあるべき理想の立ち姿です。


最初はしんどいです。
でも、これは訓練なのです。
そして習慣づけですから、繰り返すうちに
段々と慣れ親しんできます。

気づけばこれがあたりまえになっている日が訪れるでしょう^ ^

2014年2月28日 (金)

現代人のお尻はなまっている

文明の進歩により便利になった反面、私たちはあまり
自分の身体を使わなくなりました。
自動車、バス、電車…。
昔なら歩いていたところをこうした利器に頼ってしまいます。

ですから基本的に筋力が衰えなまっています。

特にお尻。

それに腹筋や背筋も。

そしてこれらの筋肉こそが、
腰痛改善のキーポイントになっているのです。
なぜならお尻の筋肉が骨盤を支え、
腹筋や背筋が脊椎を支えているからです。

これがしっかりしていないと脊椎の自然な湾曲は保たれず、
猫背になり椎間板は圧迫され、ヘルニアの原因になります。
姿勢の矯正と言っても、それを保ち続けるだけの筋力がなければ
すぐに崩れてまた元の不自然な姿勢に戻ってしまいます。

そこで効果を発揮するのが「お尻すぼめ運動」なのです。

お尻をすぼめることでお尻周辺の筋力を高めると同時に
緊張と緩和(緩めたとき)の作用により、
お尻内部の筋肉をほぐすことができます。

またお尻をすぼめながらお腹を引っ込めると腹筋が強化されます。
これにより両者を一度に鍛えることができるのです。

そしてお尻をすぼめると、自然と正しい姿勢になります。
正しい姿勢での動作は腰痛緩和へと繋がっていくのです。

腰周りやお尻が張ってきたら、
ぜひお尻すぼめ運動を試してみてください。
すぼめては緩めるを繰り返す内に、
腰痛が楽になってくるのを実感できるはずです。

筋肉の過緊張が「あっ、始まったな」と感じたら
収まるまで何度も繰り返してみてください。
私は何度もこれで乗り切ってきました。

しかし基礎的な筋力さえつけば、もうそんな心配もいりません。
腰椎と骨盤を支えるしっかりとした筋肉。
腰痛改善にこれほど大切なものはないのです。

2014年2月27日 (木)

いざという時には「お尻すぼめ運動」

お尻には大事な筋肉が集中しています。
それらは腰痛にも大きく影響しているのです。

お尻の筋肉が骨盤を支え、正しい姿勢を作る要になっています。
また、お尻の筋肉のコリがそのまま腰痛の原因にもなっています。

そんな大切なお尻の筋肉ですが、年齢と共に弛み、
筋力も落ちていきます。
そして左右のバランスが崩れ、それが歪みへと繋がっていくのです。

ですからお尻の筋力を鍛えることは大事です。
そしてその効果的な方法のひとつが、
肛門をキュッと締める「お尻すぼめ運動」なのです。

立った姿勢でお尻をすぼめ、10秒ほどキープします。
そこで一旦緩め、またすぼめるのを繰り返します。
この時、肛門だけではなく、お尻全体の筋肉を使って
すぼめるのがポイントです。

そうすることで、筋力アップばかりでなく、
お尻のコリに働きかける効果が期待できます。

立った姿勢ならいつでもどこでもできます。
通勤、通学の電車やバスの中。
台所で食事を作りながら、本屋さんで立ち読みしながらと
自由にできる運動です。

しかも回数に規定はありません。
疲れない程度に、好きなだけすることができます。

「お尻すぼめ運動」は腰痛ばかりでなく、ダイエットや
排尿の健全化にも効果があります。
垂れたお尻を引き締める効果も抜群です。

私は例のお尻周辺の過緊張に悩まされた時、
この運動にほんとうに救われました。
とにかく立ってできる限りお尻をすぼめていると、
あの根深い腰の痛みが和らいでいったのです。

たかが尻すぼめとバカにできないと悟った瞬間でした。

ちなみに仰向けに寝た姿勢で行う時は、
両膝をを立てて、軽くお尻を上げながら5秒ほど
お尻すぼめをキープします。
これを繰り返すのです。

腰痛の根本治癒をめざして

  • ある日、私を襲った激しい腰痛。そこから腰痛との闘いと研究の日々が始まりました。現在は急速に持ち直し、また元の穏やかな日常を取り戻しつつあります。 そこでこのブログでは、強度の腰痛から帰還した管理人の体験を軸に、腰痛の根本原因と治癒方法を探っていきます。 私の体験が、少しでも多くの辛い思いをされている方々の助けや救いとなれば幸いです。
無料ブログはココログ