- PR -

- PR -

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

- PR -

« 6月の梅雨前線が体の不調を増長する | トップページ | 慢性前立腺炎はビーポーレンを10か月飲めば治る »

2016年6月21日 (火)

活発な低気圧と前線で体調不良が続く

Tenki621


今朝は図のように列島は低気圧の四面楚歌で、
さらに下から前線が突き上げる大変厳しい状況です。

老齢の母は特に体調が優れず、寝床から起きるのに1時間かかりました。
私も激しい下痢に加え、久しぶりに痛みが腰にもきています。


低気圧は脳の三半規管に影響を与え、エラーを起こすといいます。
三半規管は自律神経につながっており、そこから様々な痛みを
はじめとする体調不調が起こるようです。

気分の落ち込みも招きます。


私は生来、乗り物酔いが激しく、年を経た今でも、
電車でうしろ向きには座れません。
目がまわってしまうのです。

私の場合などは、おそらく人より三半規管が弱いのかもしれません。
結果、自律神経にも影響が及び、神経痛もきつくなるのかもしれません。


「雨の日と月曜日はいつも私を落ち込ませる」と歌にありますが、
こと雨に関しては背後に低気圧があることから、
単に気持ちの問題だけではないと言えそうです。

« 6月の梅雨前線が体の不調を増長する | トップページ | 慢性前立腺炎はビーポーレンを10か月飲めば治る »

低気圧」カテゴリの記事

腰痛の根本治癒をめざして

  • ある日、私を襲った激しい腰痛。そこから腰痛との闘いと研究の日々が始まりました。現在は急速に持ち直し、また元の穏やかな日常を取り戻しつつあります。 そこでこのブログでは、強度の腰痛から帰還した管理人の体験を軸に、腰痛の根本原因と治癒方法を探っていきます。 私の体験が、少しでも多くの辛い思いをされている方々の助けや救いとなれば幸いです。
無料ブログはココログ