- PR -

- PR -

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

- PR -

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月27日 (日)

痛みを生む低気圧はhpより質と個数,配置

Tenkiteikiatsu_2
Teikiatsu
Teikiatsu2
(28日朝現在、列島は低気圧に囲まれ厳しい状況が続いています)


Teikiatsu3
(29日朝現在、一見高気圧に覆われて見えますが、
俯瞰すれば東西から列島が低気圧群に挟まれているのがわかります。
当然、体調は今一つです。)





現在、前立腺炎がかなり辛い状況です。

生活には変化はなく、思い当たることもありません。
ただひとつ、原因として疑わしいのは、やはり低気圧。


上の図をご覧ください。

低気圧の数値を示すhpはそんなに低くはありません。
しかし、列島を挟み込むように、3つの低気圧が並んでいます。

また、北海道の方面には、強力な低気圧が存在しています。

身体に影響を及ぼすのは、こうした低気圧の絡み合いで、
配置のバランス、位置関係が重要です。


また、野球のピッチングにもスピードとは別に、
球質(回転数など)があるように、低気圧にもhpとは別に、
数字には出ない低気圧の質があるように感じます。

質がわるければ、個数は少なくても影響が強い場合があります。


しかし、今回の場合は、まず北海道側に強力な低気圧があり、
それが中心となって他の低気圧と連携しているのが、
身体への影響を増幅させていると思われます。


ちなみに、低気圧が一切なかった一昨日は、
体調は良好で普通に散歩や買い物を楽しみました。

また、きつかった昨日でも、日が差し気温が上がった午後は、
比較的身体も楽になりました。


最近は寒の戻りでこの時期にしては寒く(寒さも痛みに影響)、
またこの2日間ほどは低気圧の個数、配置も望ましくないです。

低気圧による身体への影響は前立腺炎だけではなく、
腰痛、頭痛、肩こり、関節痛など、様々な症状に共通していると思います。
およそ、神経痛に関わる症状は押し並べて、
低気圧の影響を少なからず受けているはずです。

低気圧は脳の三半規管にエラーを起こし、痛みを増幅させます。


ですから、今苦しんでいる方はこれはご自分のせいではなく、
すべて低気圧のせいなんだと思い定めることで、
精神的な負担は軽減するのではないかと思います。

低気圧はやがて去ります。

それまでなんとか乗り切りましょう!


*楽になるのであれば、身体にあった薬、サプリ、ストレッチなど、
なんでも試していいと思います。

2016年3月17日 (木)

ビーポーレンを減らすと前立腺炎が悪化

目のかゆみや充血に悩まされ、花粉症の原因のひとつとも考えられる
ビーポーレン(みつばち花粉)の摂取を控えたと書きました。


その後、数日が経ちますが、今日は久しぶりに尿道付近に強烈な
張りと痛みを感じました。

2月あたりから目に見えてよくなり、こんな切羽詰った状態は、
記憶にないほど久しぶりなので気分も落ちました。


原因は何か?

低気圧はそれほどでもない。
寒波も来ていない。
むしろめきめき暖かくなっている。

それなのに前立腺炎の症状は悪化している...


ただひとつの生活の変化と言えば、
12月から1日6粒以上は摂取してきたビーポーレンを、
1日1,2~3粒に減らしたこと・・・ それぐらいしか思い当たりません。

やはり、ビーポーレン(セルニルトンの主成分)は、
思っていた以上に効果を発揮していたのかもしれません。



花粉症の症状は辛いとはいえ、慢性前立腺炎の痛みと
不快感に比べれば屁でもないほどなので、
再びビーポーレンの摂取量を増やしたいと思います。


花粉症は幸い、アルガードが期待以上に効いてくれているので、
しばらくはそれに頼って、この時期を乗り切ろうと思います。


はあ、何の症状にも悩まされない爽快な日というものは、
まだ当分たどり着けそうにもないですね。



ちなみに、このブログの主要テーマだった腰痛に関しては、
もう書くことも見つからないぐらい気にならなくなりました。

もちろん、1日の疲れで痛くなる程度のことはありますが、
寝れば治るので一般レベルといえるでしょう。

これだけでもほんとうによかったです。
あの腰痛の苦しみに比べれば、現在の症状などはなんでもありません。



腰痛に関してはTMS理論も大事だったろうし、
股関節をいたわったことや、バックストレッチャーで
猫背を矯正させたことも大きかったと思います。

様々な要因が絡むのが腰痛だと思うので、
今苦しんでらっしゃる方はひとつの原因に決め付けずに、
複合的な可能性をみながらケアすることが大事だと思います。

2016年3月16日 (水)

目薬には3種類ある - 花粉症にはヒスタミンを抑制するタイプ

花粉症による目のかゆみと充血をなんとかしようと薬局へ行きました。

これまで、いくつかの目薬を試しましたが効果がなく、
花粉症に特化したものはないのか?と探しに行ったのです。


一時間ほど目薬のラックの前で見比べていて初めて知りました。
目薬には大きく分けて3種類のタイプがあり、
それぞれの得意とする分野がまったく違っていたのです。



1. 疲れ目のための目薬

主成分はビタミンBなどで、疲れ目やドライアイなど、
一般的な目の症状に効能があるタイプ。



2. ものもらい、結膜炎のための目薬

抗菌型です。ものもらいのような菌が原因の症状に効能があります。



3. 花粉症、アレルギーのための目薬

クロルフェニラミンマレイン酸塩がヒスタミン(アレルギー原因物質)を抑制し、
かゆみを鎮めてくれます。




花粉症の場合、クロルフェニラミンマレイン酸塩の成分量がポイントで、
現在は0.03% が最大数値になっています。
パッケージの裏などに書いてあるので、これを見るとわかります。

私は今まで1と2のタイプの目薬を使い続け、
ほとんど効果がなく困っていましたが、
3のタイプを使うと劇的に効果がありました。

これでなんとか花粉の季節も乗り切れそうです。

花粉症とビーポーレン (BEE POLLEN - みつばち花粉)

慢性前立腺炎への対処として、
効果があるとされるビーポーレン(みつばち花粉)を飲み続けて3ヶ月になります。

幸い経過は良好で、以前より症状は大分やわらぎました。
劇的にではないものの、少しずつ着実に、
回復の方向へと向かっています。


ただ、ひとつだけ望ましくないことが起きてしまいました。
この数日、目のかゆみと充血という、
いわゆる花粉症の症状に悩まされています。
生まれて初めてのできごとです。



なぜ、ここへ来て、急に花粉症が発症したのか?
様々に調べているうちにある事実に気づきました。

ポーレン - Pollen とはまさに花粉のこと。
自分は毎日せっせと口から花粉を摂取しているのだと。
ビーポーレンを飲み始めたのも今回が初めて。
これは関係があるに違いありません。


しかし、ビーポーレンが前立腺炎に効果があることも事実。
そこで私は、ポーレンの1日の摂取量を控え、
今までの半分にまで減らしました。

すると完全にではないものの、目の充血の症状は軽減しました。
さらに続ければ、体内の花粉の蓄積も減少し、
充血に関しては落ち着いていくと思います。


ですが、ビーポーレンを減らしたせいか、
前立腺の方は若干、辛くなったような気もしないでもありません。



慢性前立腺炎と花粉症を併発し、*セルニルトンやビーポーレンを
摂取されている方は、このあたりのバランスを考えて、
ほどよく摂取されることをおすすめします。

*セルニルトンは慢性前立腺炎の第一選択薬。
主成分はみつばち花粉とされています。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

腰痛の根本治癒をめざして

  • ある日、私を襲った激しい腰痛。そこから腰痛との闘いと研究の日々が始まりました。現在は急速に持ち直し、また元の穏やかな日常を取り戻しつつあります。 そこでこのブログでは、強度の腰痛から帰還した管理人の体験を軸に、腰痛の根本原因と治癒方法を探っていきます。 私の体験が、少しでも多くの辛い思いをされている方々の助けや救いとなれば幸いです。
無料ブログはココログ