- PR -

- PR -

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

- PR -

2017年6月16日 (金)

低気圧の異常な数と配置

Tenkizu616


今日はとても胸焼けがします。

胃薬をかなり飲んでいるものの、あまり効果がありません。
朝からずっと胃のむかつきを感じます。

腰痛や前立腺炎のような疼痛はさほどありません。
とにかく逆流性食道炎のような不快感があります。


天気図を見てみましょう。
まず目につくのが低気圧の異常なまでの数の多さです。
そして、列島を囲んで囲碁の碁石のように並んでいます。

これが胃の不快感と関係あるのかは定かではありませんが、
低気圧が三半規管やその他の身体の器官へ影響を及ぼすことを考えれば、
まったく無関係ではないかもしれないという思いは否定できません。
そして余談になりますが、この1~2日は歯が痛いです。
この数か月間、忘れていたようなレベルの痛さです。

嵐の夜にとても歯が痛くなったという経験から、
歯痛にも低気圧が影響していると考えています。


低気圧が身体(脳)のどこかを刺激し、エラーを起こさせるのは間違いありません。
そこから痛みや不調がうまれるのです。

2017年5月14日 (日)

今日は低気圧に挟まれています

Tenki0514

Tenki0515



2017年5月14日

今日は朝方から急激に疼痛が始まりました。
久しぶりのレベルです。

天気図を見たらご覧の通り。
今後、さらに低気圧は列島を挟む形になるようです。

みなさんの身体に異変が起きたのではありません。
すべては低気圧のせいです。

ですから他の原因に悩まされずに、過ぎ去るのを待ってください。
痛み止めでもなんでも頼って、安静に過ごしてください。

今日が日曜日でよかったです。

2017年4月 3日 (月)

痛みを生む低気圧群が列島に接近中

Tenki0001

現在、強力な低気圧群が日本に接近しています。
いつになく体調が思わしくなく、天気図を見ると画像の通りでした。

身内も朝から「痛すぎる」と繰り返しています。
低気圧の日に疼痛が増すのは間違いない事実で、
メカニズムには諸説あるものの、「痛い」ことには変わりありません。

日本はどうしてこう、いつも低気圧だらけなのかと不思議な思いです。
この低気圧が日本特有のジメッとした文化にも影響を与えていると感じています。
詫びさびを好む文化も、根底には低気圧があるかもしれません(笑)


人間の力で気圧の配置は変えられないので、
整体やマッサージ、痛み止めなどに頼るのも致し方ないと思います。

低気圧の日は、痛みが増すばかりでなく、気分まで落ち込むのがやっかいです。
何をしてもはかどらず、テンションも上がりません。

しかし、列島に暮らす以上、何らかの対処法を見つけていかなければなりません。
天気図を見て事前に気持ちの準備をしておくのもひとつの手です。


疼痛持ちの方はそうだと思いますが、低気圧が近づくと体が変なのですぐわかります。
「ああ、低気圧だな」と思って天気図を見ると、案の定低気圧に囲まれています。

今夜はかなり厳しい状況になりそうです。
みなさま、事前の準備と心構えをお忘れなく。

そして、すべては低気圧のせいなので、自分を責めたり原因に悩んだりしませんよう^^

«23年ぶりの強烈な寒気に疼痛が強まる

腰痛の根本治癒をめざして

  • ある日、私を襲った激しい腰痛。そこから腰痛との闘いと研究の日々が始まりました。現在は急速に持ち直し、また元の穏やかな日常を取り戻しつつあります。 そこでこのブログでは、強度の腰痛から帰還した管理人の体験を軸に、腰痛の根本原因と治癒方法を探っていきます。 私の体験が、少しでも多くの辛い思いをされている方々の助けや救いとなれば幸いです。
無料ブログはココログ